政治家

渡嘉敷奈緒美の経歴・派閥は?夫とは山田宏との不倫で離婚の真相がヤバい!

菅首相の高級ステーキ会食に続いて、また気になるニュースがありました。

渡嘉敷奈緒美厚生労働委員長の政治資金のためのパーティーが大人数を集めて開催されていたよう。

本人の渡嘉敷奈緒美氏は12月4日にコロナに感染し入院中だったもののパーティーじたいは開催。

 

「GO TO トラベル」が全国一斉中止が決まった後にこんな大人数でなぜこのタイミングに!?

なんで本人不在でもやったの?

首をかしげたくなりますね。

いったい渡嘉敷奈緒美氏ってどんな人?

と思いましたよね。

私も初めてお聞きする名前でした。

そして渡嘉敷奈緒美の経歴を見ていて元夫との離婚の内容が気になったのでピックアップ。

今回は『渡嘉敷奈緒美の経歴・派閥は?夫とは山田宏との不倫で離婚の真相がヤバい!』

ということでまとめました。

・渡嘉敷奈緒美の経歴

・渡嘉敷奈緒美の派閥は?

・山田宏氏と不倫で離婚。真相は?

で書いてきます!

渡嘉敷奈緒美の経歴

まずは渡嘉敷奈緒美氏の経歴から見ていきます。

<経歴>

1985年4月資生堂

1999年5月東京都杉並区議会議員

2003年4月NPO法人循環型社会研究所

2005年9月衆議院議員

2012年12月衆議院議員

2012年12月厚生労働大臣政務官(第2次安倍内閣)

2015年10月厚生労働副大臣(第3次安倍改造内閣)

2017年8月環境副大臣(第3次安倍第3次改造内閣)

2017年11月環境副大臣(第4次安倍内閣)(再任)

2020年10月厚生労働委員長

渡嘉敷奈緒美氏は京都府生まれの58歳。

祖父母が沖縄出身で御典医だった影響あってか昭和大学薬学部に入学し、薬剤師免許を取得。

御典医とは:幕府や大名に召しかかえられた医者。

昭和大学卒業後は資生堂の広報室に勤務。

休職し早稲田大学ビジネスで経営学を学んだり、働きながら一新塾に入り、政治の勉強をした。

 

「現役OL,36歳の挑戦」と掲げて資生堂に勤めながら1999年に杉並区議に立候補・当選して政治家の道をスタート。

2005年に小泉チルドレンとして衆議員に初当選。

安倍政権の時にも厚生労働副大臣、環境副大臣を務める。

渡嘉敷奈緒美は安倍昭恵夫人と中・高の同級生らしい。

菅政権になってからは厚生労働委員長に就任。

渡嘉敷奈緒美の派閥は?

渡嘉敷奈緒美氏の派閥は自由民主党の竹下派

竹下派は現在54人。

政治にあまり詳しくはないのですが、

自民党内の主な派閥は現在7つあって、細田派(98人)に続いて麻生派(54人)に並ぶ人数の派閥。

山田宏氏と不倫で夫と離婚の真相は?

渡嘉敷奈緒美氏は2002年6月に離婚しています。

渡嘉敷奈緒美氏の夫は政治家とかではなく一般人。

離婚の原因は渡嘉敷奈緒美氏の不倫によるものだと調べてわかりました。

相手は政治家の山田宏氏で1999年に杉並区の区長に初当選しています。

この頃、経歴にもあるように渡嘉敷奈緒美氏は杉並区議会議員に初当選して政治家をスタートさせています。

元夫が2人が不倫しているメールを見つけたことで発覚したようで、

元夫は友人を代理人として山田宏氏に対し説明を求め、謝罪と示談金を請求しました。

 

しかし山田宏氏の代理人が体調不良で長期入院すると意を示したため元夫は2002年5月にメール内容を公表すると杉並区長室にファックスを送りました。

問題を長引かせうやむやにしようと感じたため、そのような手段に出たのでないかと言われているよう。

この行動に山田宏氏側が恐喝されたと被害届を出したため元夫と代理人は逮捕されてしまいました。

 

後日示談し、釈放されましたが、今度は元夫が名誉毀損で山田宏氏を訴えます。

民事裁判により山田宏側が慰謝料500万円を元夫に支払うことで和解ということになったようです。

自分が不倫したことで元夫が訴えられることを知りながら、そのことを止めることはなかったよう。

つまり元夫より不倫相手を選んだことになります。

自分の不倫の話題をもみ消すためとはいえ、そこまでやるのか?

怖い話ですね…

 

今回のパーティーも自分の欲のためにタイミングやリスクを考えずに開催されたわけではなければいいですが。

スポンサーリンク

まとめ

今回は「渡嘉敷奈緒美の経歴・派閥は?夫とは山田宏との不倫で離婚の真相がヤバい!」

というタイトルで渡嘉敷奈緒美氏についてまとめました。

渡嘉敷奈緒美氏は36歳から政治家へ。

その後衆議員、安倍政権では厚生労働副大臣・環境大臣を務めた。

現在は2020年10月厚生労働委員長。

今回はこんな時期に政治資金を集めるパーテイーを本人不在でも開催し、批判の声が殺到。

 

夫とは2002年に、山田宏との不倫で離婚。不倫相手を守るため、不倫の話をうやむやにするためとはいえ夫が訴えられても平気だったのでしょうか?

疑問に思うことが多いですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。