その他

コロナウイルス山口県感染者の経緯やルートと勤務先や出張先は?

毎日感染者の報道が続いていますね。今度は山口県で初の感染者が。もうどこの県で出てもおかしくない状態ですよね。

コロナウイルスの影響でいろいろな事が中止・延期になり、先がどうなるのか予測がつかなくて不安です。自主登園や休校で近所では、平日の昼間なのに自宅の庭で遊んでいる家庭が本当に多くてまだ続くのかと思うと、大変な事態だなと感じます。

山口県の初の感染者は山口県下関市の40代の営業職会社員の男性。まだ発表されて間もないので情報も少ないですが、まとめようと思います。

今回まとめたのはこちら

コロナウイルス山口県感染者の経緯やルートは?

コロナウイルス山口県感染者の勤務先・出張先は?

まとめ

これを読めば、コロナウイルス山口県感染者の経緯・ルートや出張先について把握することができます。

*決して個人を特定するためではなく、感染予防の情報のひとつとしてお読みいただければと思います。

それでは本題にいってみます!

コロナウイルス山口県感染者の経緯やルートは?

感染しいたルートの詳細はまだ判明していないようです。

今後会見などで分かり次第追記していきます。

2月23日(日)発熱(37.5℃)
2月25日(火)医療機関A受診(38.0℃)
2月27日(木)医療機関A受診(39.0℃、発疹)
医療機関B受診(麻しんのPCR検査)
2月28日(金)麻しんのPCR検査陰性
3月 2日(月)症状が改善せず、咳、痰を認めたため、医療機関B受診
CTにて肺炎像を確認し、入院
3月 3日(火)新型コロナウイルスのPCR検査実施
深夜 陽性確定
※PCR検査は県環境保健センターで実施
                                    引用元:下関市HP記者発表資料

2/23に発熱してからコロナウイルスと診断されるまで約9日間。2つの医療機関を受診しています。経過をみるとつらい状態が続いたようですが、現在も入院中だけれど重篤化せず、状態は安定しているようです。

コロナウイルス山口県感染者の勤務先・出張先は?

コロナウイルスに感染した40代の男性は営業職で大分・熊本・福岡に出張しています。大分・熊本・福岡も感染者がすでに確認されています。

勤務先は本人が特定されてしまう可能性が高いので公表はしないと考えられます

 

最近の海外渡航歴なし
2月 9日以降で、出張又は帰省以外は市内に滞在
2月12日(水)大分県出張
2月14日(金)大分県出張
2月15日(土)、16日(日)福岡県帰省
2月19日(水)~21日(金)福岡県、熊本県、大分県出張
2月22日(土)以降の勤務なし
発症(2月23日)後は市外への移動なし

                                    引用元:下関市HP記者発表資料

勤務先から出張には主に社用車で移動し、同僚も乗車していたが人数は確認されていないようです。最近の海外渡航歴はなく、クルーズ船に乗船していた方でもないので、出張先で感染した可能性もありそうです。

山口県で初めてのコロナウイルス感染者確認を受けて不安という声や、ついに…とう声が多数。連日感染が確認されているので、近隣の県にも可能性はあって心配になりますよね。

<追記>3/5の報道で、20日の大分県への出張後、大分県で30代女性従業員の感染が確認された「ラウンジ・サザンクロス」を利用していたことが判明。
男性は、夜に知人と合わせて3人でこの店を訪れておよそ2時間ほど滞在し、その日は、感染が確認された女性も出勤していたということです。
妻と子供10歳未満の子どもも感染が確認されています。

まとめ

今回は「コロナウィルス山口県感染者の経緯やルートと勤務先や出張先は?」としまして、3/4に中国地方で初めて確認された山口県の感染者の経緯や出張先などについてまとめてみました。

40代の男性で会社員。営業職で福岡・大分・熊本と数日出張に行っていました。実家の福岡にも帰省していたようです。訪問先や滞在先など現時点ではわかっていないようですが、出張の移動は主に社用車で同僚も乗車していたようです。

多くの県で感染が確認されているし、仕事などでやむを得ず移動する機会もあると思います。どこで自分が感染するかわかりません。日々自分でできる感染予防をしていきたいですね。

最後までおよみいただきありがとうございました。