YouTuber

コムドット(youtube)の収入の推移を調査!年収と人気の理由をおさらい!

「地元ノリを全国に」をスローガンに活動し、今一番勢いのあるグループ系YouTuberと言えばコムドットです。

チャンネル登録者数50万人を達成してから、100万人突破まではあっという間。

その勢いはとどまることを知らず、

今やチャンネル登録者は190万人にもなります。(2021年5月現在)

そこで気になるのがコムドットの収入の推移です。

コムドットは、収入、あるいは年収といった自分たちの給料に関する動画をいくつかあげています。

今回は、それらの動画などをもとに

コムドットの収入の推移、コムドットの年収

を調査してみました。

また、コムドットがなぜこんなにも人気があるのか、その理由について改めて考えてみました。

↓コムドッドやまとの大学についてはこちらから

コムドット【やまと】は上智大学で何学部?ミスターコンの真相が気になる!最近TikTokやYouTubeで人気がある「コムドット」。 どんな人たちなんだろう?という興味を持ちました! 調べてみると...

コムドット( youtube)の収入の推移

コムドットの収入の推移について参考になる動画は、こちらの3本です。

  • チャンネル開設して4か月の「底辺YouTuberの初収入公開」
  • チャンネル開設して1年の「1年間真面目に働いてYouTubeで稼げるお金は?」
  • チャンネル開設して2年の「2年間本気でYouTubeやったコムドットの月収大公開!!!」

この3本の動画を参考にコムドットの収入の推移を見ていきます。

チャンネル開設後4ヶ月目のコムドットの収入

「底辺YouTuberの初収入公開」

YouTubeの収益化はチャンネル登録者数が1000人以上になってからです。

コムドットがこの動画を出した時点でのチャンネル登録者数は5000人ほど。

動画の内容は、初給料を手渡し、そしてその中身はいくらなのか、メンバーがそれぞれモノ

に換算してその額を表現しているものでした。

なかなかそれでは、コムドットの初収入はいくらなのか分かりにくかったのですが、動画の最後の方でリーダーのやまとさんが、

「1人分の給料は焼き肉食べ放題の高いコースくらい」

と発言しており、ここから察するに

コムドットの初収入の額は4000~5000円くらいではないかと思われます。

チャンネル開設後1年のコムドットの収入

「1年間真面目に働いてYouTubeで稼げるお金は?」

こちらの動画では、コムドットがチャンネル開設して1年で得たトータルの収入について話しています。

 

コムドット全体では、

「ちょっといい車がかえるくらい」

「新車で高級車というわけではないが良さげなファミリーカーくらい」

と表現していました。

ということは、コムドットがYouTubeを始めて

1年で稼いだ収入は、200~250万円

くらいでしょうか。

とすると、1人当たりの1年間の収入は40~50万円くらいになります。

ここで注意したいのがコムドットが動画で話しているのは、それまでのトータルの収入です。

この動画は2019年10月に公開されたものですが、この時期のコムドットの月収が気になったので調べてみました。

YouTuberの収入や年収を独自に分析したとあるサイトによると、

2019年11月のコムドットの月収は、

87万5211円(推定)

で、コムドット1人当たりの月収は、

およそ17万5000円

です。

この数字はあくまでも推定ですし、広告の数や単価によって変わってきますが、参考、目安にはなると思います。

チャンネル開設後2年のコムドットの収入

「2年間本気でYouTubeやったコムドットの月収大公開!!!」

この動画はコムドットがYouTubeを始めて2年経った2020年10月に公開されています。

 

動画内で1人当たりの月収は、

「中古車2台分」

と語っています。

そして、

「初任給よりはもらっている」

とも。

ここで再び先ほどのサイトでコムドットの月収を調べてみました。

2020年10月のコムドットの月収は、

338万6896円(推定)

で、コムドット1人当たりの月収は、およそ67万7000円

でした。

金額は推定ですが、動画の発言と割とリンクしているのではと思います。

初収入は数千円だったのが、2年後には、一般的な初任給をはるかにしのぐ収入を得るまでに至ったコムドットのメンバー。

「普通のサラリーマンよりは働いている」

と発言していることからも分かるように休みなく全てをYouTubeに捧げた結果と言えます。

コムドット( youtube)の最新の年収はどれくらい?

ここまで、コムドットの収入の推移を見てきましたが、気になるのが最新の年収や月収です。

同じYouTuberの収入や年収を分析したサイトでコムドットの2020年の年収と2021年4月(最新)の月収を調べてみました。

それによるとコムドットの2020年の年収は3960万1742円(推定)

そして、コムドットの2021年4月の月収は3238万3800円(推定)

でした。

ここから分かることは、、

・2020年の年収と2021年4月の月収がそこまで変わらない、

・コムドットの2021年4月の1人当たりの月収は600万円以上

ということです。

最近になってチャンネル登録者数も急増しており、それにともない収入も急激に上がっているようです。

チャンネル登録者数も200万人が見えてきており、収入はまだまだ上がっていくことでしょう。

スポンサーリンク



コムドットの人気の理由をおさらい!

コムドットがここまで人気になった理由はいくつかあると思いますが、一番はやはり、

「地元のノリに対する共感や懐かしさ」

ではないでしょうか。

コムドットはスローガンに

・地元のノリを全国へ

・放課後の延長

をかかげています。

リーダーのやまとさんは、

「なんでこいつら売れてんの、なんでこれで100万再生とれんの、と言われる動画をバンバン出して上に上がっていく」

「これこそが地元ノリを全国へって言うそのままのカタチ」

と語っています。

コムドットの動画は

「自分たちが面白いと思ったことをみんなに見てもらいたい」

という一心で作られています。

一見、「身内で盛り上がっているだけ」と思われるのも事実です。

でもコムドットを支持している人は、

「どろけい」や「缶蹴り」といった動画に共感や懐かしさを覚えます。

おそらくこれがコムドットが人気な一番の理由です。

そしてもう1つ重要なことは、

チャンネル開設以来ほぼ毎日、投稿を続けている

という点です。

毎日投稿していくと、YouTubeのアルゴリズムの評価が高まり、おすすめの表示などに出てきやすくなります。

そして何より、

「毎日新しい動画を視聴できる」

として、ファンがつきやすく、チャンネル登録者との関係性が強まるというメリットがあります。

ただ、毎日投稿するというのは決して簡単ではなく、1本動画を投稿するだけでも企画、

撮影、編集とかなりの作業量になります。

動画の内容とは裏腹に、たゆまぬこの努力があって、ここまでの人気を築き上げたのだと思います。

まとめ

今回は今一番勢いのあるグループ系YouTuberコムドットの収入の推移や人気の理由について調べてみました。

コムドットの初収入は数千円だったものの、

2年後には、

1人当たり、およそ67万7000円(推定)、

そして最新の月収は、

1人当たり600万円以上(推定)

でした。

また、コムドットの人気の理由は、

地元のノリをベースにしたおもしろ動画に多くの人が共感や懐かしさを覚える

からです。

そして、そういった動画をほぼ毎日投稿し続けているという点も見逃せません。

コムドットのチャンネル登録者数は191万人です。(2021年5月現在)

今の勢いを考えると200万人突破は時間の問題でしょう。

今後もおもしろく、そしてどこか懐かしみがあって共感できる動画をバンバン投稿してくれることでしょう。

楽しみですね!