バチェロレッテ

北原一希(料理研究家)の身長・プロフィール!働くカフェの情報も

バチェロレッテ始まりました!

バチェラーと違ったルールがあったり、男女逆転版なので新鮮で面白い。

北原一希さんは料理研究家。

料理研究家と名乗ってはいますが、仕事内容はカフェ店員と言っています。

料理研究家は特に資格など不要のようですね。

研究家と聞くとバリバリ料理の道を進んでいるのかと想像しました。

今の本職はカフェ店員?

北原一希さんは笑顔がステキで楽しんで参加している感じが印象的です。

ビジュアル画像の笑顔より配信の中の笑顔がとてもステキ!

将棋の藤井聡太さんや竹内涼真さんに似ているなど言われています。

どちらも時の人!

今回は『北原一希(料理研究家)の身長・プロフィール!働くカフェの情報も』

としまして

・北原一希(料理研究家)の身長は?

・北原一希(料理研究家)のプロフィール

・北原一希の働いているカフェの情報

について調査します!

配信を楽しむお供にどうぞ。

バチェロレッテ・日本の男性参加者17人ってどんな人?画像・プロフィールもバチェロレッテ・日本の配信が2020年夏に決定!! 待ってましたーっ!! <追記>2020年10月9からスタート...
【バチェロレッテ】福田萌子の身長は176cm!体重・年齢は?1日1食でストイック?2020年10月9日からついにバチェロレッテの配信がスタート。 私もバチェラーシリーズの大ファンで、バチェロレッテの配信を待ちわび...

それではさっそく本題にいってみましょう!

北原一希(料理研究家)の身長は?

北原一希さんの身長は187cm

なんとなくもう少し低いのかと思ったのですが…

他の出演者が大きいからかもしれませんね!

この明るくて優しい笑顔に高身長はずるい~

身長187cmの長身でお料理していたら絵にもなります。

バチェロレッテである福田萌子さんの身長は176cmなのでかなりの高いヒールを履かなければ差がありますよね。

北原一希(料理研究家)のプロフィール

ここで北原一希さんのプロフィール

年齢:28歳

生年月日:1992年?

身長:187cm

出身地:愛媛県

居住地:東京都

出身高校:愛媛県立南字和高校

特技:料理

 

自分の性格については「明るさ、あざとさ、常に笑っている」

と語っています。

確かに自分の良さである「明るさ・笑顔」を十分に分かっている感じは配信を観て思います。

 

料理研究家“とは

「自分が料理を研究した成果をシェアしたいという気持ちがあり、実践・経験を積むことで料理研究家として認知されていくことを目指す職業」

なんだそうです。

実際に北原一希さんは

SNSには作った美味しそうな料理がたくさん投稿しています。

北原一希さんのInstagram

 

なので特に調理師などの資格がなかったとしてもお料理を研究していれば

「料理研究家」と言えそう。

料理に本格的に力をいれるようになったのは2年前くらいのようです。

 

でも「俳優・タレントもしたい」と言っています。

もしかしたらどこかの芸能事務所に所属している?

と検索したのですが見つからなかったので、

俳優やタレントを目指しながら特技の料理を活かして「料理研究家」、

カフェ店員をしているのかなと思いました。

野望が感じられます!

スポンサーリンク



北原一希の働いているカフェの情報

北原一希さんが働いているカフェは、東京都目黒区にある「Taste AND Sense 」

引用元:kcanminkInstagram

Taste AND Sense(テイストアンドセンス) は

セレクトショップ1LDK監修の人気カフェダイニングレストラン

上の投稿は2019年8月のもので、最近はカフェのハッシュタッグがついた投稿がみられないため断定はできないですが

「賄い」

#tastandsence

となっています。

カフェ店員ということはお店にいったら会えたりしちゃう?

かなり目立ちそうです。

セレクトショップと生活雑貨や衣食住のショップに併設されているカフェでとっても今どきでオシャレな雰囲気。

引用元:FASHIONPRESS

北原一希さんのSNSでもお店の商品を紹介しています。

もし現在もこちらのお店でカフェ店員をされていたら遭遇できるかもしれませんね。

まとめ

今回は『北原一希(料理研究家)の身長・プロフィール!働くカフェの情報も』

としましてバチェロレッテに出演している北原一希さんについてまとめました。

北原一希さんの身長は187cm

プロフィールは上記の通りです。

カフェ店員として働くお店は東京都目黒区にある?

もし今もそちらで働いていたら会えたりする!?

最後までお読みいただきありがとうございました。