人物

【画像】加藤勝信の嫁の学歴や年齢!娘はフジテレビ勤務で家族構成は?

加藤厚生労働大臣である加藤勝信氏が次の官房長官になることが内定。

あまり私は名前程度でどんな方なのか知りませんでした。

新内閣の人事についてはコロナがあったりして

政治についてもグッとと関心がでてきた人も多いのではないでしょうか?

私もそうです。

今後新内閣で活躍される人について知っておきたいですよね。

菅新総裁の真理子夫人も当選後一気に注目が集まっているので、

加藤勝信氏を支えている妻についても知りたい。

今回は『【画像】加藤勝信の嫁の学歴や年齢!娘はフジテレビ勤務で家族構成は?』としまして

・加藤勝信氏の嫁の学歴や年齢は?

・加藤勝信氏の娘はフジテレビ勤務?

・加藤勝信氏の家族構成は?

ということで調査します。

加藤官房長官の学歴や経歴・派閥はどこ?愛称が【たわし】の理由についても加藤官房長官というワードに慣れてきたこの頃。 加藤官房長官こと加藤勝信氏。 官房長官は「日本の政治のナンバー2の仕事をしてい...

加藤勝信氏の嫁の学歴は?

加藤勝信氏の妻の名前は加藤周子さん

↓左が妻の加藤周子さん

加藤勝信氏の妻の学歴は公表されていません

 

加藤勝信氏の嫁のお父様は加藤六月氏。

嫁の父加藤六月さんの嫁と安倍晋三首相の父である安倍晋太郎さんの嫁は、

姉妹と呼ばれるほど親しい間柄だったそう。

そのため安倍家と加藤家は親しい間柄で家族ぐるみの付き合いなのだとか。

 

加藤六月氏は農林水産大臣を務め、勝信氏は秘書官を務めた縁や

お父様が「官僚の婿を迎えたい」という意向があって加藤勝信氏が婿に入ったようです。

加藤勝信氏の旧姓は室崎(むろさき)。

政略結婚と言われています。

 

嫁の周子さんは政治家の娘。

本当は長女である加藤康子さんとお見合いをし婚約していた。

しかし長女の康子さんがハーバード大学に留学するという理由などで婚約は解消。

その後、妹である加藤周子さんとご結婚。

長女の康子さんはハーバード大学院卒業後は、日本で産業遺産や近代化遺産の研究をされ、一般財団法人産業遺産国民会議の設立や内閣官房参与も歴任。

↓周子さんの姉:加藤康子氏(左)

話が学歴から離れてしまいましたが、

加藤勝信氏の嫁の周子さんは政治家の娘であり教育にはかなり力を入れられていたのではないでしょうか。

お姉さまがハーバード大学院卒。

嫁の周子さんもかなり学歴であることが想像できます。

情報がわかり次第追記していきます。

スポンサーリンク



加藤勝信氏の嫁の年齢は?

年齢も学歴同様公表されていません。

お姉さまの康子氏は1959年生まれ。

年齢が61歳(2020年9月時点)

加藤勝信氏の嫁の周子さんの

年齢は50代後半くらいかと思われます。

夫である加藤勝信氏は1955年生まれ。

年齢は64歳。

ここも分かり次第追記します。

加藤勝信氏の娘はフジテレビ勤務?

加藤勝信氏と妻の周子氏の間には4人の娘がいます。

2019年のインタビューでは「一番下が18歳で一番上が27歳」と語っています。

そしてどの娘さんなのかは不明ですが、

2015年フジテレビに入社していると報道されています。

年齢的に長女?

コネという根拠や証拠はないもののコネ入社と言われています。

同期には安倍晋三氏の甥の入社

それ以外にも中曽根康弘氏の孫もフジテレビに入社していたりして憶測されたよう。

ご本人の実力だけで入社しているのだとしたらとても気の毒な話ですが…

スポンサーリンク



加藤勝信氏の家族構成は?

家族構成は加藤勝信氏と嫁の加藤周子氏、娘4人の6人家族

上記にもありますが、2019年のインタビューで「一番下が18歳で一番上が27歳」と答えているので、大学生から20代後半の社会人になる年齢の娘さんがいます。

お子さんは全員女性なので、加藤勝信氏が婿に入ったように、

婿を迎え入れる可能性もありそうですよね。

まとめ

今回は『【画像】加藤勝信の嫁の学歴や年齢!娘はフジテレビ勤務で家族構成は?』ということで加藤勝信氏の嫁についてや娘さんについてまとめました。

加藤勝信氏の嫁の名前は加藤周子さん。

学歴も年齢も今のところ公表されていません。

政治家の娘さんであることや、姉の加藤康子氏はハーバード卒であったり活躍されている方なので、姉妹として育ったことを考えると、高学歴だと考えられます。

年齢はお子さんや姉の年齢を考えると50代後半。

娘4人の6人家族。

今後は官房長官ということで加藤勝信氏への注目が今まで以上に高まると思うので、

妻の周子さんの情報も増えそう。

現時点では情報がまだ少ないので分かり次第追記していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。