YouTuber

海月ダンテの嫁は久高ゆい!年齢やインスタ・夫婦のクラファンの総額に驚愕

保護猫活動を行っている海月ダンテさん。

ヴィーガン主義でレシピなども紹介しています。

今回、海月ダンテさんは影響力の強いYouTuber「コレコレ」さんの投稿で炎上していて注目が集まっていますね。

もし炎上している内容が本当なら募金詐欺…?嘘?

夫婦で保護猫活動やヴィーガンの普及活動をしているようですが、海月ダンテさんの嫁はどんな人なのでしょうか?

海月ダンテの嫁は久高ゆい!年齢やインスタ・評判は?夫婦のクラファンの総額に驚愕

といことで海月ダンテの嫁「久高ゆい」さんや夫婦についてまとめます。

海月ダンテの嫁は久高ゆい!

海月ダンテさんの嫁の名前は「久高ゆい」さん。

久高→くだかと読みます。

↓美男美女の夫婦ですね。

海月ダンテさんと嫁の久高ゆいさんは2017年から交際し、2019年に2人は結婚しています。

久高ゆいさんは「動物を助ける」が小さい頃からの夢で

2016年から数年、動物愛護団体での下積み時代も。

海月ダンテさんと価値観や目標が同じで意気投合する部分が多かったんだと思います。

海月ダンテの嫁の年齢やインスタは?

海月ダンテさんの嫁の年齢は28歳

2020年11月4日に28歳になったと投稿があったので11月4日がお誕生日の可能性が高いです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆい(@yui_kudaka)がシェアした投稿


以前はTwitterもやっていたようですが、現在は削除されているようです。

Instagramの投稿は2018年から。

投稿の画像には目を覆いたくなるような猫の画像があったりします。

ほとんどが猫の保護活動についてですが、猫と写る久高ゆいさんや夫婦でのショットもあります。

スポンサーリンク

海月ダンテと嫁のクラウドファンディングの総額に驚愕!

海月ダンテさんと嫁の久高ゆいさんは、

それぞれのSNSで猫の保護活動の支援金をクラウドファンディングで募っています。

気になる支援金の夫婦の総額は年間約1739万円

海月ダンテさんの総額は年間約1564万円

久高ゆいさんの総額は年間約175万円

【内訳】がこちら

▼海月ダンテさん

メンバーは955人

  • 500円/月×336人×1年=201,6000円
  • 1,000円/月×400人×1年=480,0000円
  • 2,500円/月×144人×1年=432,0000円
  • 5,000円/月×75人×1年=450,0000円

▼久高ゆいさん

メンバーは84人

  • 1,000円/月×55人×1年=66,0000円
  • 3,000円/月×17人×1年=61,2000円
  • 5,000円/月×9人×1年=54,0000円
  • 10,000円×1人×1年=12,000円
  • 20,000円×2人×1年=48,0000円

 

合わせると1000人を超える方からの支援金で猫の保護活動をしています。

これはクラウドファンディングのみの総額。

SNSの投稿と共に支援金のお願いで振り込みをお願いしていたするので実際はもっと支援金は集まってるはずです。

そしてアニマルフォレスト公式HPでも寄付を募集しています。

猫砂やフードも別。

寄付金を超積極的に募ってます。

 

2人は猫の保護活動をしていて無職との声もあがっています…。

支援金を生活費に充ててる?

『皆様からいただいた支援金は猫たちに必要な医療費に使わせていただきます』

と支援金の使い道は書いてあり、

特典には『動物の治療を行った後の活動報告』とありますが…

集まった支援金の詳細を公表しておらず、公表をお願いするメッセージを送ったらブロッグされたという声も。

コレコレさんに投稿されてから滞っていた施設の建設の報告やブロックせずメッセージを返したりと変化が。


猫の保護活動が忙しいのかもしれませんが

支援金を募っている以上、使用用途は支援した側としては気になるところ。

寄付する人の気持ちも汲んで欲しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

以上、海月ダンテの嫁の久高ゆいさんについてと気になるクラウドファンディングで集まった寄付の総額についてでした。

海月ダンテさんの嫁の久高ゆいさんの年齢は28歳。

幼い頃から「動物を助けることが夢」だった久高ゆいさん。

海月ダンテさんと嫁の久高ゆいさんは2年の交際期間を経て2019年に結婚。

2人とも猫の保護活動、ヴィーガン主義。

猫の保護活動を行ってることには頭が下がりますが、

寄付金を募って猫の保護活動をしているので例え忙しくても寄付金の使い道はしっかり公表しながら活動をして欲しいですね。

寄付金を生活費や私的な用途に使っていないことを願います。

今回はここまでとさせていただきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。