人物

池田尚希(競歩)の中学高校や出身と経歴プロフィールは?実績についても

コロナで開催が心配されますが、続々と各々の種目でオリンピック内定者が決まってきています。7/24に開幕する東京オリンピックまであと少し!

競歩では、3/15(日)のオリンピック代表選考を兼ねた全国競歩能見大会、20キロ男子で池田尚希選手が1時間18分22秒で優勝し、オリンピックに内定。

池田尚希選手は東洋大3年生。東洋大陸上部にはマネージャー兼務で入部したようです。マネージャーからオリンピック選手になるなんて凄いでことですよね!

そしてみちょぱ(池田美優)の父方の「はとこ」でもあるそうです!

年々競歩は人気も競技人口も伸びている競技!

マネージャーからオリンピック選手になった池田尚希さん。オリンピック前にどんな方か知っておきたいですよね!

 

ということで今回は「池田尚希(競歩)の中学高校や出身と経歴プロフィールは?実績についても」と題しまして、池田尚希さん(競歩)の出身中学や高校などのプロフィールや競歩での実績について調べてまとめたいと思います。

今回まとめたのはこちら

池田尚希(競歩)の出身中学や高校はどこ?

池田尚希(競歩)のプロフィール

池田尚希(競歩)の経歴や実績は?

まとめ

これを読むことでオリンピックの競歩選手・池田尚希さんの出身中学・高校などのプロフィールや競歩での経歴や実績を知ることができます。

それではさっそく本題にいってみましょう!

池田尚希(競歩)の出身中学や高校はどこ?

池田尚希選手は静岡県浜松市出身。

浜松市東区にある公立中学校「積志中学校」出身。

高校は静岡県浜松市東区の私立「浜松日体高等学校」出身。

浜松日体高校は勉強にも部活動にも力を入れている、文武両道の学校です。

現在は東洋大学経済学部経済学科に在学中。春から4年生。

池田尚希(競歩)のプロフィール

身長:168cm

体重:52kg

年齢:21歳(1998年5月3日生まれ)

出身地:静岡県浜松市

みちょぱこと池田美優さんの父方の「はとこ」。

いとこ、はとこってどうだったけ?と思うことありますよね。簡単にいうと

いとこ:自分のお父さんやお母さんの兄弟や姉妹の子どものこと。

はとこ:自分のおじいちゃんやおばあちゃんの兄弟や姉妹の孫のこと。

はとこにオリンピック選手、モデルがいるなんてスゴいうらやましい~。

池田尚希(競歩)の経歴や実績は?


今までの大会実績

2018
第28回世界競歩チーム選手権 20kmW 優勝 1時間21分13秒

関東学生対校選手権 10000mW 優勝 40分16秒44

2019

第102回日本陸上競技選手権 男子競歩20km 20kmW 2位 1時間18分01秒

全日本競能美大会 20kmW 3位 1時間17分25秒

関東学生対校選手権 10000mW 優勝 39分18秒03 大会2連覇

ユニバーシアード夏季大会 20kmW 優勝 1時間22分49秒

2019年世界陸上競技選手権大会 20kmW 6位 1時間29分2秒

2020

全日本競能美大会 20kmW 優勝 1時間18分22秒 東京オリンピック内定

*競技会では2020kmWのようにW(walk)を付けて表記するようです。

競歩を始める前は長距離を走っていてけれど、部活の顧問に「長距離にいきるから」と勧められ高校2年生の時から競歩を始めたんだとか。きっと小学生か中学生から陸上はやっていたのでしょうか。競歩を始めて約5年でオリンピック選手ってことですよね。

オリンピックでは、札幌大通公園をスタート・フィニッシュ。男子20キロ競歩は8/6午後4時半スタート。8/7男子50キロ競歩は午前5時半スタートの予定。

まとめ

今回は「池田尚希(競歩)の中学高校や出身と経歴プロフィールは?実績についても」ということで池田尚希(競歩)の出身中学校や高校やプロフィール、経歴や実績についてまとめてみました。中学は静岡県浜松市の有玉中学校、高校は浜松日体高等学校出身。現在は東洋大学4年生(2020年4月)。競歩を始めて5年でオリンピックへ!競歩は年々スポーツ人口も増えていて注目の競技。若いですしまだまだ強くなりそうですよね!

今後の活躍、そして東京オリンピックでの活躍が楽しみです!

最後までお読みいただきありがとうございました。